スポンサー広告

相沢は会議中夢を見る

ピアニスト

 ←「よしながふみのレシピ」模擬試験 →模擬試験回答
20070423005255.jpg


最近これが好きでねー

好きで好きで、しょっちゅう読んでいるんですよ

それを言ってはおしまいよ のコミックスに収録

描き下ろしです。

とくに次の伊達のモノローグ。


自分をみっともない努力家だと

認めるくらいなら


怠けて堕ちぶれた天才のふりをして


忘れ去られたほうがましじゃないか

うまいなと思いませんか

なかなか描けないと思う

伊達隆之がその後どうなったのか

この扉絵が答えなのかそれとも・・・

このくらいの年代のオヤジの

シリアスな恋愛話が読みたくなっている私です。





スポンサーサイト



【「よしながふみのレシピ」模擬試験】へ  【模擬試験回答】へ

~ Comment ~

 

 いい話ですよね。私もそのセリフ大好きです。ラストもあんなカンジがいいです。やっぱりよしなが様は天才ですね。
 ・・・伊達さんの若い頃は千秋(のだめカンタービレ)に見えてしまうのは私だけ?ホモ千秋がみれてお得だとおもうのですがね。

藤堂チナさま 

うんいい話だと思う。。。
ラストもいいし・・・

よしながさんて短編がめっちゃめちゃ巧い。小説でもマンガでも短編に読み応えを感じる作家さんて少ないと思います。でもよしながさんの作品は中身が濃いというのかな、なんというかムードや絵柄で騙さない。骨格のしっかりしたお話を作る作家さんだなと思います。こうしたモノローグなんかもほんとに巧い。さらーっと描いてしまう。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【「よしながふみのレシピ」模擬試験】へ
  • 【模擬試験回答】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。