スポンサー広告

筧史朗のレシピ(家計知ろう)

筧史朗に朗読させたい 高村光太郎「晩餐」

 ←愛がなくても喰ってゆけます 重版決定だそうで →出島(ネタバレ)
今日は シロちゃんに詠ませたい詩を。

たまには真面目に。


晩餐   高村光太郎 


 
暴風をくらつた土砂ぶりの中を

ぬれ鼠になつて

買つた米が一升

二十四銭五厘だ

くさやの干ものを五枚

沢庵を一本

生姜の赤漬

玉子は鳥屋から

海苔は鋼鉄をうちのべたやうな奴

薩摩あげ

かつをの塩辛
 
湯をたぎらして

餓鬼道のやうに喰ふ我等の晩餐
 
ふきつのる嵐は

瓦にぶつけて

家鳴震動のけたたましく

われらの食慾は頑健にすすみ

ものを喰らひて己が血となす本能の力に迫られ

やがて飽満の恍惚に入れば

われら静かに手を取つて

心にかぎりなき喜を叫び

かつ祈る

日常の瑣事にいのちあれ

生活のくまぐまに緻密なる光彩あれ

われらのすべてに溢れこぼるるものあれ

われらつねにみちよ
 
われらの晩餐

嵐よりも烈しい力を帯び

われらの食後の倦怠は

不思議な肉慾をめざましめて

豪雨の中に燃えあがる

われらの五体を讃嘆せしめる
 
まづしいわれらの晩餐はこれだ



■8月19日追記■

この記事はかなり気に入ってますね。
何食べを読んで、高村光太郎晩餐
すぐ思い浮かんだんですよね





スポンサーサイト



【愛がなくても喰ってゆけます 重版決定だそうで】へ  【出島(ネタバレ)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【愛がなくても喰ってゆけます 重版決定だそうで】へ
  • 【出島(ネタバレ)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。