スポンサー広告

相沢は会議中夢を見る

主人と貴婦人 のその後

 ←西洋骨董洋菓子店 最終回Wings表紙 →アンティーク3すくみ その2

主人と貴婦人 の 同人誌の最後には

「貴婦人」の花嫁姿が描かれています。

ベルサイユのばら では やはり同じように

ポリニャック伯婦人の娘シャルロットが

うんと年上の男性との結婚を嫌がって

飛び降りて 自殺をしてしまいましたが、

よしながさんの作品の

この若い「貴婦人」はきっと花嫁になって

幸せになったのではないかと思うのです。

このウエディングドレスを着ている絵を見てから

そう思ったんですけどね。

彼女がとても潔い表情をしているなあと思って。

みなさんはどう思われますか?
スポンサーサイト



【西洋骨董洋菓子店 最終回Wings表紙】へ  【アンティーク3すくみ その2】へ

~ Comment ~

 

そうですね。
私も相沢様と同意見です。
『きっと幸せになれたのでは?』その事を相沢様の仰るこの花嫁姿のように、やんわりと描いて見せてくれるよしながさんはやっぱり上手いなーと思います。

さつきさま 

きっとこの若い貴婦人は、アントワーヌへの淡い恋心もあっただろうけれども、とりあえず割り切ってうんと年上のいおじさんと結婚して、でも適当にロマンスも楽しんで、たくましく生きてる気がするんですよね。恋愛と結婚は別・・みたいな。

 

 こんばんは。
 綺麗ですね。ホントに・・・。幸せになったと私も思います。
 
 そうそう、ちょっと(?)話がずれますが、ある時私が、『女は金持ちとの選択枝もあって得だよなー』と言ったら我が家の汚超腐人(母)が
「そんなのエンコーだよ!」
と。
 は?
「金目当てで男と付き合うのは売春でしょ!シンデレラとか白雪姫とか乙女っぽいけど実は娼・・・」
 相変わらず口悪いな・・・。
「でも美形なら許す」
 結局それですか。
 すみません、乙女の夢を壊しましたね。 

藤堂チナ・さまったら・・ 

お蝶腐人は 汚超腐人なのかああ・・・・はじめて知った。

そうですね、私も最近は金持ちの男より優性遺伝子をもつ美しく魅力ある男のほうに魅力を感じるな。

10代は 運動神経や人気オーラに惚れる
20代は 地位・名声に惚れる

30代は ×××や遺伝子に惚れる。

少し年をとって打算的になるとエンコーとやらで語りきれないもっと貪欲で不思議な世界があります。

今はどっちかというと乙女に帰りたいですよ。先祖がえりならぬ乙女がえり。
最近だからめいっぱい乙女してます。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【西洋骨董洋菓子店 最終回Wings表紙】へ
  • 【アンティーク3すくみ その2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。