スポンサー広告

愛すべき男たち

「彼は美しい人だった」その2

 ←魔性のゲイ(韓国語) →ヴァレンヌ事件
「彼は美しい人だった」を再読。。。。

佐々木正彦はやっぱり
風貌が美しいだけのエゴイストで、
お勉強のストレスをヒロちゃんにあたっていた
だけなんだろうか・・・・

うーん・・・・・・・

私は、佐々木にはヒロちゃんへの恋や憧れ、嫉妬などが
いりまじっているように読みましたが、もしかして
ナルシストでエゴイストでヒロちゃんに嫉妬していた
だけのつまらん男だったのかもしれぬ・・・・。


どう読みますか?

佐々木は美しいけれどきっとファンには不人気だろうなあ。
よしながさんのキャラのなかでは「哀れな人」だもんなあ・・・・・・・

でも 私は佐々木正彦には かなり思い入れが強いんですが・・・

小野といい佐々木正彦といい、
私はよしながキャラのなかでも「どうしようもない人」に思いが
いってしまいます。変なの私って。

そういえば、「ある五月」という短編もメチャメチャすきです。
あのどうしようもない幸子さんが気の毒というか哀れで。







スポンサーサイト



【魔性のゲイ(韓国語)】へ  【ヴァレンヌ事件】へ

~ Comment ~

 

私はかなーりこのお話が好きです。
ヒロちゃん×イトキューも大好きなんですが、やはりそれを語るには正彦の存在も無視できないわけで。
おっしゃるように自分の手の中でどんどんと美しく賢く男らしく成長してゆくヒロちゃんに、嫉妬して恋焦がれていったんだと思いますよー。
で、いつか手が届かなくなり離れていくことへの恐怖とか・・・同属嫌悪的なところもあるのかなあ・・・。
少なくともイトキューよりはヒロちゃんの深い部分を理解していたと思います。

なので、やっぱりヒロちゃんには先生がいいんですよね。
そういう暗い部分を先生のお花畑で癒もらってるんですから(´∇`)

乱菊さま 

うん。ほんとそうですねえ。ヒロちゃんはちょっとバランスとれてなくって結構危うい男の子だったというのが私の解釈です。正彦との恋を経てヒロちゃんは自分を自覚したっていうか、そんな解釈です。正彦がただのエゴイストという解釈もあるかなあとも思いましたが、複合的な思いがあるんじゃないのかなと。

最後の「大好きです」が やはりあそこであのセリフを出すのがよしながさんですわ。あのセリフでか物語が引き締まった気がします。

幸子さん 

こんばんわー。相沢さま。

佐々木さんは、いろいろな意味で悲しい人で、ホモセクシュアルであることにも、向き合えなかったんじゃないでしょうか? 宮本佳野さんの『甘い棘』とかを思い出してしまいました。

で。ある五月。お好きですか? わたしはあの話がよくわからなかったんですよー。いまだにわかりません。幸子さんっていう名前がついた時点で、こうこのひとは幸せなのか不幸なのかを考えさせてしまう時点で幸薄そうだなぁとしみじみさせられてしまったのですが、それはさておき、幸子さんの存在の悲しみがよくわかんないんですよ・・・。何なんだろう、この悲しみは・・・。のどの小骨のようにいつもひっかっかって居ます。

kifuさま 

ああ、なるほど、あらゆることにがっつり向き合えなかったのか。繊細な人だったということですね。(←佐々木正彦)

「ある五月」ですが、いろんな解釈ができると思いますけど、あくまで私の解釈で。

私が哀れだなあと思ったのが、幸子さん自分のことをわかってないんです。

自分がなにか欠けているという自覚はあるのだろうけど、何が欠けているかよくわかっていないので、直そうとしない。別の事でフォローしようとする、あるいは帳尻を合わせようとする。そうして無理をして生きているのでいつもストレスがたまっている、その悪循環を起こしてる。それが哀れだなと思うのです。


お料理が上手でないのに小料理屋をやったりする。
おいしいお弁当をつくるかわりに豪華で量の多い弁当でごまかそうとする。
灰皿も用意できない鈍感さ、灰皿をくれといわないと用意しない腰の重さと気配りのなさ。
それを自覚していればまだいい。でも自覚していない。別のこと、たとえばセックスや過度な謝罪ででごまかそうとする。
おいしいシュークリームの銘柄も知らないほどの孤独さ。まわりに人がいない証拠で、誰も彼女に教えてあげる人がいないのでしょう。

と、なんだか、読んでて、ああ、こうなったら悲しいなって身につまされるんですよ。

欠点があってもそれを自覚があればいいんですけどね まだ。

目から鱗ですっ。 

相沢さま

ああ、そうですねぇ。確かに幸子さん、自分で何が悪いのかわからない人なんですね。いわれれば。

わたしは距離感のつかめない人なのかと思っていましたが、それだけじゃないですね。ふむふむ。そうなんだ!! 目から鱗。

それにしても救いのない話じゃないですか? そう考えると、よしながさんがどうしてこう救われないまま終わってしまう話を書いたのか(基本的にやりきれない人生をそのまま生きていくしかないのだというスタンスで描く作家さんだと思っているので)、ちょっと不思議というか、毛色の違う話のように思ったんですよね。多芸だなぁ。

幸子さん 

幸子さんってほんと距離感、つかめてないですよねえ。女友達も少ないんじゃないのかなと思う。気配りできないのに、かいがいしい女性と思われたいので、接していると相手が疲れる。美人だから、最初はそれなりに男性が寄ってくるんでしょうけどね。
もっと「ある五月」を読み込みたくなりました。kifuさんありがとうございました。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【魔性のゲイ(韓国語)】へ
  • 【ヴァレンヌ事件】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。