スポンサー広告

「フラワー・オブ・ライフ」 レビュー

川上弘美さんのフラワー・オブ・ライフ書評と「御礼」

 ←天使と悪魔 →自分バトン
20070715225847.jpg


7月15日付けの 読売新聞「よみうり堂」(書評)

川上弘美さんの「フラワー・オブ・ライフ」評が

掲載されました。


物語は春太郎をとりまく生徒、先生、家族、将来の夢

などを描いた群像劇で、決して驚くような波乱もない

けれど、ではこの物語にはいったい何があるのか・・・。


フラワー・オブ・ライフ」全4巻のみどころを 

ぎゅーっと凝縮した川上さんならではの

すばらしい書評です。

書評読んで、久々 感動しました。

「川上さん よくぞ言ってくれたぜ 」って。

(↑ずうずうしくてすみません)

これで、全国のいろんな人が フラワーを手にとってくれると

いいな。

■■御礼■■

川上さんの情報をくださった ukoさま。

本当にありがとうございました。感激です。

今日一番うれしかった出来事です。

貴方様から情報をいただいて、私、相沢は

その足ですぐ読売新聞を買いに走りました。

えーとそれからまだ

ホームページ15日分のよみうり堂は更新されて

ませんね。

こういうときブログをやっててよかったと心から思います。

本当に嬉しいです。(語彙が貧弱ですいません)

これからもお時間があれば遊びにきてくださいね。

心から御礼申し上げます。
スポンサーサイト



【天使と悪魔】へ  【自分バトン】へ

~ Comment ~

 

相沢さま

書評でマンガというのもめずらしいですね。川上さんが、何を書いているのか、見てみたいです~。

kifuさま 

ネットの「よみうり堂」で15日分がUPされたらこのブログでもお知らせしたいと思います~
確かにマンガの書評って珍しいですね。

きっと川上さんから 

相沢さま

新聞の書評は、普通書評委員で集まって書評できそうな本を割り振ることが多いと聞いたことがあります。新聞社側から用意するとは思えないので、きっと川上さんが自分から「フラワー」を書評したいと申し入れたんじゃないかなぁと思います。川上さん、好きだけど、いっそう好きになりそうだ・・・。

川上さんいいですねえ・・・ 

ああ、そうなんですね。川上さんが申し出たのでしょうね~いいなあ。
久々、「ゆっくりさよならをとなえる」を読んじゃいました。私も好きになっちゃいました~

よしながさんは恩田陸さんしかり、桜庭一樹さんしかり、作家さんにも人気があるんですかね。桜庭さんは直木賞候補だとかききました。。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【天使と悪魔】へ
  • 【自分バトン】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。