スポンサー広告

相沢は会議中夢を見る

見つからないです・・・・・・・・

 ←慶応義塾大学SF研究会 書評 →赤坂は垣添の前にひざまずく
yannguyu.jpg


何年だったか忘れましたが

ヤングユーの10月号を探してます・・・・


みつからんのです

お持ちのかたは大事にしてください

よしながさんのお仕事場の記事があるはず・・・!!
スポンサーサイト



【慶応義塾大学SF研究会 書評】へ  【赤坂は垣添の前にひざまずく】へ

~ Comment ~

初めまして 

よしながさんの名を検索していたらこちらを見つけました。
私は西洋骨董が好きで同人も買い集めていますが、相沢様の言葉でフラワーも大好きになりそうです。
ちょくちょく拝見させていただきますので宜しくお願いしたします^^よしながさんのお仕事場、とても気になりますね。

怜さま こんにちは 

怜さま遊びにきてくださいましてありがとうございます。知ったかぶりの初心者相沢といいます。これからよろしくお願いします。西洋骨董ですか。いやもう同人最高にいいですよねえ。
「好事家の絵本」 と「小野裕介のレシピ」は特に大好きでよく読み返します。西洋で物申したいのは5つですね~

1 私は小野が大好きなので「七夕の夜」からこれからの展開が気になっております
2 でこちゃんが結構気に入ってますので、橘との恋物語が気になります~
3 エイジがフランスでパティシエとして世界的に成功し、めっちゃめちゃいい男になるさまをしょっちゅう妄想してます
4 千影があまりにアンドレやキルヒアイスに酷似しているので、銀英伝やベルばらのようにならなきゃいいがと危惧しています
5 久世翔平さんをもう一度読みたい~

てな感じです。西洋の記事ももっとUPしようと思いましたが最近はフラワーにどっぷりつかってしまったので、ついついフラワーのレビュー記事が多くなってしまいました。でもとってもよくできてる作品だと思います。

またコメントくださいますととても励みになります。おひまなときにちらりとのぞいてください。(飲み屋のママみたいですいません)

嬉しいです^^ 

相沢様、早速返信をしていただいていて恐縮です!嬉しいです^^

私はなら千影が好きなんです。なので小野ちゃんが橘への想いを再確認した時からもう彼の今後が心配で心配で、よしながさんの同人を買うのは止めてしまおうかと胃が痛くなるほど悩んだときもありました(笑)

BLに女性が絡んでくると少しテンションが下がってしまうので、正直でこちゃんは同人で絡んできて欲しくなかったのですが…橘との今後は橘もうまいこと変わっていくんじゃないかと楽しみにしています。

久世さん…私もとても読みたいです。彼と幸せになってほしいです。

長くなってしまってすみません、許してくださるならこれから日参させていただきますので更新楽しみにしています^^
お忙しいのにありがとうございました。

怜さま♪ 

>よしながさんの同人を買うのは止めてしまおうかと胃が痛くなるほど悩んだ

すごくすごくすごくすごくすごくすごくすごく・・わかります。

私もそんなスタンスで読んでます。だからこんなお気持ちでよしながさんの作品をお読みになっている方がたくさんいて、そんな方も拙ブログを読んでくださっているのに、自分の感情のままに無責任でへんてこな記事は書けんなと、一度このブログをやってるとき、かなり悩みました。

たとえば橘の悪口みたいのを軽く書いちゃったら、橘が大好きなおかたには 怒ったり傷ついちゃうだろうなとか、ほんといまさらな感じですが そんなごく当たり前のこと・・・

でも、まあ、いろいろ考えたのですけど 感情のほとばしりも含めて、自分が伝えたいことなのでできるだけ自分でMAX注意しながらもそれなりにやんちゃな記事は書きたいなと思います。もし、今後、怜さんがずきんとくるような記事になってしまったとしたらほんとにすみません。

でもなるべくやんちゃな記事が誰かを傷つけることなきよう、そんなふうに伝わることのないよう、日々精進いたします!

気に入っていただけたらどんどん遊びにきてください~嬉しいです~よろしくお願いします。

うーん、う~ん 

相沢さま

ええーっと。ずっとヤングユー買ってたんで、これをみたようなみなかったような、ずっと数日思い出そうと思っていたんですが、思い出せず残念です…。

『それをいっては』は読んでいたんですが、『執事』や『ジェラジャ』はまだ読んでなかった頃にみたような気が。それもとあれは白昼夢?(いや読んでるはずなんですよーたぶん)。

関係ないですが、わたしは断然、コレットとジュヌビエーヴ派です。ルイジアナっていうと『マノン・レスコー』の流刑地というイメージがあって、怖いんざます…。

わたしの仕事場 

という記事だったと思うんですよ。ほんと見つからなくて・・・
コレットとジュヌビエーブ、読みたいですよねえ。誰か書いてくれないかな。

ところで、マノンレスコーの最期はルイジアナだったんですね。椿姫のマルグリットがマノンレスコーを読んでましたね。椿姫はオペラでも有名ですから部活でも音楽を演奏しましたからなじみがあります。恋人を愛しながらも一人で死んだマルグリットのほうが好きです。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【慶応義塾大学SF研究会 書評】へ
  • 【赤坂は垣添の前にひざまずく】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。