スポンサー広告

相沢の夜の愉しみ

いきなりこの本から読むのはだめだ

 ←月読サン カラ 名前バトン ヲ モギトリ マシタ →クレイス
ジェラールとジャックで私が大好きなシーン

「(ルソーの)社会契約論か 

いきなり この本から読むのはだめだ」

とジェラールがジャックにほほよせるシーンがあります。

どきどきしますよね。大好きなシーンであります。

あれを読むと萩尾さんの「トーマの心臓」の

1シーン ユリスモールのセリフを思い出します。

「ルネッサンスとヒューマニズム?これは・・だめだ」



私の大好きなブログさんたちは よく

BL本をお友達に貸すので何から貸そうかという記事をupして

いますが 私も同じく・・・でありまして、


「1限めはやる気の民法?いきなりこの本から読むのはだめだ

まずは、「西洋骨董洋菓子店」から読まないと」


などとつぶやいたりしてしまいます。


最新作の「山へ行く」を読み終えてから

最近では 萩尾さんの本が本棚のいい位置にきました。

ユリスモールもオスカーもいいけど、

エーリクがやっぱり愛らしい

うかつにも マージナルを手放してしまったので、

アシジンに会いたくなってきた


スポンサーサイト



【月読サン カラ 名前バトン ヲ モギトリ マシタ】へ  【クレイス】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

相沢さま

そういえばありましたね。『ルネッサンスとヒューマニズム!!』。なつかしぃ。ということで拍手しておきます。

あーなつかしかった。

8/5 23:22コメントへのお返事 

お返事遅くなりました~コメントありがとうございます。(念のためHNも伏せさせていただきました)


あのサイトの「悲しいお知らせですが~」が本当に文字通り悲しくなりました。しかも「新刊はありません」のフォントが大きくて、かなりショックでした。私も(相沢の私見ですよ)西洋骨董の魅力炸裂なのは同人誌だと思ってます。千影が花開くのも、大好きなオヤジ久世翔平さんの鬼畜攻めを見れるのも、いい男とぐずぐずな男をいったりきたりする橘を見れるのも小野の身勝手というかどうしようもない片思いを見れるのも ピロコとトミタの傑作妄想「好事家の絵本」を読めるのも同人誌ならでは!ですから・・ただ魔性擁護派・小野過激派の相沢としましてはもちろん西洋骨董の本編商業誌も大好きではございますが。

そうそうコメント後段を拝読し、ヒャーうらやましいとPCの前で身もだえしました。
しかし、この先どうなるのでしょうね。でも商業誌でヘテロものの傑作もたくさん描いてほしいなという気持ちもあります。私「愛すべき娘たち」大好きですから・・・・・

まだまだ初心者ファンなものでいたらないところが多いですが見守っていただければ幸いです。
またぜひ遊びにきてください。コメントも楽しみにしています。ありがとうございます。

kifuさま 

こんにちは。拍手ありがとうございます。最近「トーマ」は愛蔵本が出たので、買っちゃいました。初読のときは 「訪問者」贔屓なこともありやはりオスカーが好きでしたが、今はエーリクが・・なんとかわいいのだろうとうっとりしてしまいます。年をとったのでしょうか・・・
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【月読サン カラ 名前バトン ヲ モギトリ マシタ】へ
  • 【クレイス】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。