スポンサー広告

わたしの知ってるあなたのこと。

2006年冬号小説WINGS 三浦しをん対談

 ←J.GARDENに行ってきました。 →小説を食べよう! よしながさん西洋骨董インタビュー
200703042254000.jpg


この対談は フリースタイルで 

よしながさんと福田里香さんとやまだないとさんの

対談に匹敵するくらい ハイレベルな対談でありました。

(対談はフリースタイルが一番と思っているが)

三浦さんが ボーイズラブが広まった理由のひとつに

「女の子を主人公にする、でもこんなキャラだったら

腹が立つという少女マンガの難しい部分を

クリアするためにボーイズラブが生み出されたのでは」

というところに なるほど・・・とうなって

しまいました。

それと、ボーイズラブに必ずしも感情移入している

わけではなくて、どっちかというと

覗き見的な感じで読んでいるというところ。

ボーイズラブにもフォーマットができつつあるので

これから雑誌も生き残りが大変だろうなというお話

もありました。


三浦しをんさんとはエロティクスFでまた対談が

あるそうなので、この先要チェックですね。

■8月18日追記■

このころに比べて私の本棚にもBL本が増えました。

レディコミがあまり好きではないので

BLもおなじようなものかなと先入観があって近寄って

ませんでしたけど、いざ読み出すとおもしろいのなんの。

きちんと登場人物の気持ちが描かれてて

こんなにレベルが高いなんて思いもしなかった。




スポンサーサイト



【J.GARDENに行ってきました。】へ  【小説を食べよう! よしながさん西洋骨董インタビュー】へ

~ Comment ~

 

そですね、私もよしながさん以外のBLはいちおう読みますけど、そこまではまりませんね。小説だと好みのがまれにありますが。
 うーん・・・・いいこといいますね。「覗き見的」、言われてみれば。

 

フェミニズムの話は深かったですねぇ。
(親御さんとの将来についての話では)よしながさんはかなり早い時期から自立心が育ってたんだろうな~と思いましたです・・・。

私もBLではよしながさんほどハマれる作品は、なかなか見つかりませんねー。

紹介されてた作品の中では「サイファ」や「BANANAFISH]などをリアルタイムで読んでいました。


チナ様 

私はほかにBLをお描きになっている作家さんの絵柄がどうもダメみたいです。背表紙もなんだかチラチラして書店でも手にとらないですね。なので喰わず嫌いかもしれませんが・・・

さつき様 

私もキャンディとBANANAFISHはリアルタイムでした。
当然サイファも。成田美名子さんのファンクラブに入っておりましたから。
吉祥天女はなんかあの終わり方のわけのわからなさ、不完全なカンジが大好きで吉田秋生さんの作品のなかで一番好きかもです。でも少数派でしょうねきっと。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【J.GARDENに行ってきました。】へ
  • 【小説を食べよう! よしながさん西洋骨董インタビュー】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。