スポンサー広告

小野が歩くと「棒」にあたる・・相沢かるた

相沢百人一首 小野裕介

 ←謹賀新年・・・・・・それと。 →相沢百人一首 小野裕介 その2
中々に絶ゆとし云はばかくばかり息の緒にして吾が恋ひめやも

●君が中々絶交だと言ってくれないからだ。

そうじゃなければ、どうしてこんなに恋しく想うことがある?

息も止まらんばかりにして。


大友家持さんの歌らしいです。

小倉百人一首にはありませんですよ


同人誌 永遠はありますか?

の小野と橘のエピソードより・・・


「俺は永遠にお前を好きにならない

だから俺たちは永遠に別れないんだ」


というあのセリフは美しいけれど 橘に恋する小野には

しんどかっただろうなあ という 思いをこめて 

こりゃ小野にぴったりだと、選んでみました


小野が自分への思いをすぱっと断ち切れるように、

橘もきっぱりと離れてあげればよいのに

とわたしなんかは思ってしまうけど 橘は品のいい男のコだから

見捨てるようなことはしないんだろうな






スポンサーサイト



【謹賀新年・・・・・・それと。】へ  【相沢百人一首 小野裕介 その2】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【謹賀新年・・・・・・それと。】へ
  • 【相沢百人一首 小野裕介 その2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。