スポンサー広告

わたしの知ってるあなたのこと。

よしながふみ×三浦しをん対談 2007エロティクスFvol44

 ←STUDIO VOICE 2006年9月号 →セクサロイドはシェーンコップの夢を見るか?
20070306235024.jpg


最初 ○ブロへ行ったら、なぜか売っていなくて

○○ンク池袋書店に電話して聞いてしまいました。

会社の夜の休憩の時間に、てくてく ○○ンクまで歩いて

いっちゃいました。

(会社から遠いんだ、あそこは)

で、さっそくオレンジのページを開いてみたところ・・


「よしながふみ対談集」が刊行だって?????


やったー!!



この喜びは

バンビーノのドラマ化妄想キャスティングで

与那嶺さんを 北村一輝と妄想キャストし

北村さんがほんとにキャスティングされたのと

宍戸美幸を篠原涼子さんで妄想キャストしたら

そのダンナ様の市村正親さんが

宍戸美幸の父 宍戸鉄幹という別の役にほんとに決まった

ということで、ほくそえんだときと

同じくらいの喜びです。

(いや もっとですね、ごめんなさい。

最近自分の中でバンビーノがホットなもんですから


私のブログに来てくれるひとも、

よしながさんの対談集が出版されないかなあと

おっしゃっている方が多いので

いいNEWSでした。


「愛すべき娘たち」について

「人を好きになることを怖がって幸せを棒に振った

女性の話だ」とおっしゃっていらしたのが 前の記事

のスタジオ・ボイスの伊藤剛さんのことと

思います。

私も、へえ、そういう読み方もあるのかあ

と非常に印象に残っていました。

(だからあれ、きっと奥深く展開したインタビューだな

と思ったんです。絶対あれだけじゃ紙面が足りないって)


それから、妄想と恋愛のドーパミンの話も

出てました。

妄想するドーパミンと恋をするドーパミンが

どっちが・・というと、・・・人によるんじゃ

ないでしょうか?

優れたクリエイターの方なんかは、

俗にいう「妄想」が一般人のそれではなくて

もっとうんと高いレベルにあるでしょうからね。


私は恋愛と妄想はちょっと違う入れ物にありまして。

妄想も、たいしたもんじゃないしなあ・・・

ああ想像力貧困

凡人はたいてい、妄想と恋愛

同じチャンネルでは考えられないん

じゃないでしょうかね。


この対談 帰りの電車でずうっと読んでいました。

愛しの志村貴子さんとの対談も

載るということで

これはもうばんばんざいだーと。

某書店にある

「愛がなくても喰ってゆけます」の

志村貴子さん作のよしながさん似顔絵ポップ

に とっても愛をカンジたので

よしながさんと志村さんの対談

やってくんないかなああああと

ずっと思っていました。

あと、あれですね、

書籍化するならあれかな

カーラ教授との対談も載るのかな

でもウミノチカさんのは載るみたいだし

だからカーラ教授も単行本で読めるでしょう。


出版される暁には、カラーイラストと

大幅増ページ、ってのできれば 

よろしくお願いします。

大きな本屋さんで 

サイン会も・・・あったら・・・

いいなあ・・・・

ああ、そんな妄想は凡人でもドーパミンが出るよ。


・・・そんなのないのかな



スポンサーサイト



【STUDIO VOICE 2006年9月号】へ  【セクサロイドはシェーンコップの夢を見るか?】へ

~ Comment ~

こちらへは初めて伺いました。 

 こっちも面白そうですねー。又伺います。とりあえずお初のご挨拶のみにて失礼します。

 

対談集ですか!?楽しみですねー。以前こだか和麻さんとも対談なされてるそうで、どれに載るのかなぁ~?と気になっているのですが・・・。


 

 こんばんは~。
 や、めっちゃうれしっす(←最近エイジ風の言葉遣いにハマり中。無視してください、そのうち飽きると思いますから)!
 対談を集めよーと思っても私みたいな金欠フジョシにはきついんですよ。対談集あったらいーなーと思っていたので、「コリは夢ですかい!?はぎゃ!?」ってカンジでした(どんなカンジだ)。あうーウレシー・・・・。
 相沢様と同じく、「あごがとがって目がキラキラ」、私も苦手です。でも、やっぱBLは好きなんで、よしながさん以外の作品は小説で読んでます。

トミー様 

トミーさま、つくしのブログのほうのリンクありがとうございました。

それと ああーすいません。トミーさんのぶろぐリンクはかってながら早々にさせていただいていました。(松方つくしのほうに)
ご挨拶ができてなくてすみませんでした。
こっちの妹ブログはまだいろいろ模索中ですが、ご訪問うれしかったです。ありがとうございました。

こだか和麻さんとの対談も 

さつき様、こだか和麻さんとの対談もこの本に収録されるみたいですよ。
仮題は

「よしながふみのここだけのおしゃべり」

タイトルもぜんぶひらがなでかわいいです。

となると 文藝の恩田陸さんとの対談とか、このブログ記事にも書いた川原泉さんの対談とか、萩尾望都さんの対談とか、桜庭さんとの対談とか夏目房之介さんとのニッポンのマンガでの対談とかもいやー楽しみでございます。

本誌未収録とかの増ページを期待しちゃったりしてます。あとサイン会とか。

チナ様 

そうそう。対談集の出版はうれしいですよね。

川原泉さんの

「最初気候帯の一種かと(ツンデレを指しての発言)」

とかいう面白いあのやりとりの対談もまた単行本で読めるのかと思うと今から楽しみで。

小説でBLになじむというのもアリですね。今度なんか読んでみよう。

 

相沢様、こんばんわ。

こだかさんとの対談情報ありがとうございました。タイトルはすごく可愛いのですがこのお二人の対談はかなり濃そうですよね(笑)
すごくマニアックな話になりそうで・・・。

萩尾望都さんとの対談もあるのですね!
よしながさんが崇拝されてるだけに非常に楽しみです。そのうち山岸涼子さんとかも対談してほしいなぁ~。

 

すいません、名前入れ忘れました。

さつき様 

萩尾さんとの対談はよかったですね~

どれもこれもく面白い対談でしたが特に私が好きだったのが次の三本。

やまだないと・福田里香・よしながふみ の三人の対談 

萩尾望都さんとの対談

三浦しをんさんとの対談2本

ですかね。よしながさんの対談を全部読んでいないと思うのでわかりませんけれども。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バンビーノ!

松本潤 テレビドラマ 出演情報
  • 【STUDIO VOICE 2006年9月号】へ
  • 【セクサロイドはシェーンコップの夢を見るか?】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。