スポンサー広告

相沢は会議中夢を見る

5巻

 ←いーのだ →ファンとしてアルマジロ その2
ふむ。

5巻。



綱吉と吉宗の邂逅のシーンはやはりよかったですねえ。

どれでも好きなのを選んでいいよ 

に、「全部ほしい」 といった吉宗のあのエピソードは巧いですよね。

1巻をまた読んでいくとつながるから よしながさんほんとにすごい。


そうそう

私としては 子供に恵まれなかった有功の悟りっぷりが 

いささか 鼻についた(嗚呼すいません)。

作品の評価のことじゃなくわたし 有功があんまり好きじゃないみたいで。


大奥の小野メガネっことの妹のやりとりは 西洋骨董の唯一の可憐な女子

小野永子を思い出してしまいました。

アンティークの小野も妹の永子とどうにかなっていたら 

魔性のゲイで 近親相姦なんて 出来杉だなと思ってしまいました。

というか それ以前に ひいてしまう・・・・

私の読み方っていいかげんですね



リブロ原画展いきましたか??????






スポンサーサイト



【いーのだ】へ  【ファンとしてアルマジロ その2】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【いーのだ】へ
  • 【ファンとしてアルマジロ その2】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。