スポンサー広告

相沢は会議中夢を見る

2006年3号 「たのしい中央線」

 ←阿佐ヶ谷の周辺 (西洋骨董モデル店) →2006年12月号 ダ・ヴィンチ「次にくる少女マンガ」
たのしい中央線3

この雑誌はまだ手に入ると思いますよ

まだ本屋さんにも並んでるのをみかけますし。

よしながさんの 阿佐ヶ谷案内です。

よしながさんが通っていた本屋さんや美容室のこと

それと「愛がなくても・・・」で紹介していた

お店の話

阿佐ヶ谷のデートコースなんかもあったりで

いつもの対談記事などとは一味違った

面白さがあります。

まあ一番ウケたというかさすが都会のひとだあと

思ったエピソードは

高校生のときに「まんだらけ」で本を売って

そのお金で 「イルプリモ」でごはんを食べてた

というくだり。

おませな人ですねえ・・・・・・・・・

これ、面白いし、まだ手に入ると思いますからぜひ

書店で読んでみてください。

この号の特集カラー記事で

中野だらけで10万円分読者プレゼントって

コーナーがあって、

だらけで 10万円分

プレゼントを選んでる銀杏BOYSの峯田さんと

いうおかたが 嬉々として買い物してる

んですよ。

自分のおかねじゃないだろうから

めっちゃ楽しそうで うらやましいです。

いいな だらけで10万散財したいです。


20070314012105.jpg

スポンサーサイト



【阿佐ヶ谷の周辺 (西洋骨董モデル店)】へ  【2006年12月号 ダ・ヴィンチ「次にくる少女マンガ」】へ

~ Comment ~

 

 おおー私も東京行った時に、「イルプリモ」へ行き、その後にまんだらけへ行きました。や、私のは田舎もんの都会見物なのですが。
 うーん欲しいです。が、金が・・・・・。英語版のよしながさんを(いつか)買う決心をしたばかなのにぃ~。
 10万円分・・・・・ため息がでますね。うらやましいです。
 
 

イルプリモおいしかったですか? 

いいなあ、私、中野ほとんど毎週行ってますけどまんだらけ以外はほとんどよらないで帰ってきます。いかんですね。高円寺に会社の同僚友人がいますので、中央線ツアーをやろうと約束しています。勤め先は池袋ですけど、まあいつでもいけると思うとなかなかいけないものです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【阿佐ヶ谷の周辺 (西洋骨董モデル店)】へ
  • 【2006年12月号 ダ・ヴィンチ「次にくる少女マンガ」】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。